子供の歯列矯正、急速拡大装置を装着!装置の使い方と当日の様子

顎顔面矯正治療をはじめるため、ついに、我が子が急速拡大装置を取り付けました。

忘れないうちに、感想と付けた日々の経過について書き留めておきたいと思います。

今回は、日記帳につき話し言葉混じりで失礼致します。

急速拡大装置を入れる当日の様子

急速拡大装置を入れる当日、朝から子はナーバスに。

しかもこんな日に限って風邪をひいてしまいちょっと咳が出ておりなおさらナーバス。

具合も悪く、かつ緊張していて最悪のご機嫌で歯医者へGO。

歯医者へつくと早速急速拡大装置を入れ説明を受ける

 

急速拡大装置画像

↑こんなんですね(うちの子供がつけたものはもうちょっとごついです)

治療室へは基本的に母は説明時以外は入らないので、待合室で待つ。

特に泣く声とかは聞こえない。

しばらくして呼ばれると、急速拡大装置を仮付け(接着剤などで固定していない状態)され、かつフェイスマスク=上顎牽引装置を装着されている我が子。

顎顔面矯正、急速拡大装置装着画像

前からみるとこんなかんじ。そして母は色々と説明を受ける。説明の後に仮付けしてある急速拡大装置を接着剤で固定するとの事。

①急速拡大装置での歯磨き(仕上げ磨き)の仕方

②装置の管理方法、注意点

③急速拡大装置のねじの回し方と回数

④フェイスマスク=上顎牽引装置の装着方法、装着時間の指導

主にこんなところか。以下まとめます。

①急速拡大装置での歯磨き(仕上げ磨き)の仕方

急速拡大装置を付けると、食べ物がはさまりやすくなるため、専用の器具を使って、丁寧に仕上げ磨きする必要があります。

子供の矯正用仕上げ磨きグッズ

これが専用の器具。

ある程度長いものが中々取れない!というときはピンセットを使った方が取れやすいですよ~とのこと。

そんなにはさまるのね。外出先や、給食の時の挟まり具合がちと心配だなぁ。

②装置の管理方法、注意点

装置の管理方法や注意点を伺いました。

基本的にはつけっぱなしの装置なので、急速拡大装置については管理はほぼないのですが、フェイスマスク(上顎前方牽引装置)は夜間と日中時たまつけて、外している期間もあるので、丁寧に扱うようにご指導いただきました。

フェイスマスク(上顎前方牽引装置)

サイズは、子供の顔に合わせて作っているので、青い部分がずれないように、緩んできたら六角レンチで少し閉めると良いとの事でした。サイズが合わないときは歯医者に持っていけば調整していただけるとの事でした。

③急速拡大装置のねじの回し方と回数

急速拡大装置は、毎日1回ねじを回す必要があります。ねじを回して徐々に装置を広げていくことで、上顎を広げるそうです。

このねじ回しを使います。

矯正、拡大装置のねじの回し方

こんなかんじで回すそうです↑

基本的に夜の仕上げ磨き後に回す事をおすすめするそうです。

必ず一日1回を守り、2回まわしたり、前日忘れたからと言って翌日2回まわすことは、脱臼の恐れがあるため絶対やめてほしいと言われました。

また、夜まわすと決めたら、夜に回すペースを守ってほしいとの事でした。

夜、一回と決めたら、それを毎日守ってほしいとの事。

我が子は夕食後に寝落ちすることも多いので、気を付けないとな…。

実際に子供の装置を回す練習を最後にさせてくれましたが、意外と難しい!

母も慣れるまで時間がかかりそうです…。

④フェイスマスク=上顎牽引装置の装着方法、装着時間の指導

フェイスマスク(上顎前方牽引装置)

最後に、こいつの装着時間の説明がありました。

矯正装置についているひっかける部分に、輪ゴムをひっかけます。

子供の矯正用輪ゴム

ケースがやたら可愛いこの輪ゴムです。それをされに装置に引っ掛けて、顎をひっぱる形になります。

※画像はwebより拝借しました

付けるとこんなかんじですね。結構ごつい。

基本的にはつければつけるほど上顎が前方に出てよいとのことで、家でもできるだけつけていてほしいとの事。まじか。

夜間寝ている間は毎日付けるのが必須だそうです。うーん慣れるまで大変そう。具合悪い時とかはどうするんだろう…聞くの忘れました。6歳、はたして大丈夫なのか。。

矯正装置、付けた直後に外してくれと泣く我が子

とかなんとか言ってるうちに子が装置を取ってくれと泣き出した!違和感に耐えられなくなったようだ。どうしよう。

一旦落ち着かせ、よくよく話を聞いてみると、「一回だけ外してくれ」と懇願している。

うーんじゃあ一回とって、そのあと接着剤で固定するからね?固定したらもう外せないけど、がんばれるかい?と聞いてみるとがんばれるとのこと。

というわけで母退出。接着剤にて急速拡大装置を固定してもらった。

その言葉通り、一度装置をとって、その後接着剤で固定してもらうと落ち着いた。

タブレットで映像を見せてくれながら矯正装置を装着してくれたので、本人も気がまぎれたよう。あとはやっぱり、母親がいると甘えが出るのかもしれません。

という訳で無事になんとか矯正装置を装着して帰宅。

顎顔面矯正治療、急速拡大装置取り付け当日の家での様子

帰宅後、やはり少しナーバス。しゃべり辛いのが大変そう。なんていうか…綿を上顎につめながらしゃべってる感じ?歯医者では3日から一週間で慣れると説明されたけれど、本当かなぁ?

痛みはなし。食欲はあまり出ないようで、食べる量はいつもの半分以下くらいです。

夜、フェイスマスクで寝るのに悪戦苦闘。

夜中、一度起きてフェイスマスクを取ってくれと泣いたりして夜泣き状態。でも一度とって、つけたらまた寝た。その後は朝までぐっすり。

さてさてどうなることやら。つづきます。

続き更新しました→子供が歯列矯正の急速拡大装置を装着!翌日から一週間の子供の様子