子供の歯列矯正1期の開始時期はいつから?何歳?早くはじめるほど痛くない?

子供の歯列矯正は1期と2期にわかれていて、低年齢(幼稚園〜小学校低学年くらいまで)にはじめる、顎を広げる治療は1期治療にあてはまります。

その後、小学校高学年くらいからの、ブラケットによる治療を、2期治療と呼ぶ事が多いです。

我が子も歯列矯正1期治療ををはじめたのが年長の頃でした。

歯医者の先生は、1期治療にて顎を広げるのは、5〜7歳の矯正の『ゴールデンエイジ』と呼ばれる期間に開始する事を推奨していました。これにはいくつか理由がありますが、患者(子供)自信が体感する理由で一番大きなものは、痛みについてではないでしょうか。

歯列矯正1期の顎を広げる治療は痛みを伴うが、開始時期が低年齢であればあるほど痛くない

急速拡大装置の顎の広げ方のしくみ

急速拡大装置画像

子供の歯列矯正の1期治療は、主に上顎を広げる治療です。

上顎の骨は低年齢のうちは完全にくっついていないらしく、右顎と左顎(って呼ぶの?)の骨間に隙間を空ける事ができるそうです。

そこを矯正器具で少しずつねじを巻きながら骨と骨の間を少しずつ広げていき、目標の広さまで顎が広がったところでストップ。

その後は保定期間に入り、広がった骨と骨の隙間に骨が再生(っていうのか?)されるのを待ちます。だいたい3ヶ月くらいで骨が出来上がり、顎が広がった部分にも骨ができるそうです。

骨と骨の間の隙間を広げる?聞いただけで痛そう!

これ、聞いただけで痛そうですよね。

実際、小学校3年生くらいから歯列矯正の1期治療をはじめた場合、痛みを伴う事が多いそうです。

ねじを巻いたあとしばらく痛がったり、そもそも矯正装置自体に慣れるのに時間がかかったりするそうです。

たった何年かの違いですが、1年生ではじめた場合は、そこまで痛みがでない場合も多いようで。

そもそも上顎の成長って言うのが、10歳くらいまでに終わってしまうらしく、そこから無理矢理顎を広げようとするのって、ものすごく大変(無理だったり)らしいんですよね。

なので、できれば低年齢のうちにはじめたほうが、母も本人もラクみたいです。

幼稚園年長(6歳)から歯列矯正1期治療をはじめた我が子の場合

幼稚園の年長の終わりに、歯列矯正の1期治療、顎顔面矯正治療法にて、急速拡大装置を上顎に入れた我が子の場合。

ほぼまったく痛みを感じなかったようです。

さすがに、上顎の急速拡大装置を入れた日は、装置そのものを入れた事の衝撃により、ナーバスになったり食べ辛いと言ってみたりいろいろありましたが、痛みに関してはほぼ訴える事もなく。

ねじを毎日巻いて、60回ほどねじ巻きにて顎を広げましたが、痛みを訴えた事はなし。

『痛み』という点に関しては、まったく大変だった記憶がありません。

これが少し大きくなってから(3年生くらい)だと大変だった、という話も聞いた事があります。

矯正をはじめる時期に関して個人的に考える良い時期は、永久歯への生え変わりの時期にもよりますが早ければ、年中くらいで歯医者にて矯正相談(無料でやってるところが結構あります)。何件か比較できればなおよし。

その後状況をみて必要性を感じれば検査(有料、3万〜のところが多い)可能であれば年中くらいから歯列矯正一気治療開始、が一番ラクかなぁ。

まだまだ本人もまわりも赤ちゃんっぽさが残っていて、あまり矯正についてわかっていないぶん、拒否反応も少ないだろうし、小さければ小さいほど痛みは少ないので。

ただ、1点だけ心配な事はフェイスマスク(上顎前方牽引装置)を使用する場合、就寝中の装着に対する聞き分けがしっかりできるかかなぁ。

お子さんの性格と、状況を考え、ベストな矯正開始時期を選べると良いですね。