子供の歯列矯正、矯正をする歯医者の選び方

子供の歯列矯正を考えるとき、多くの方は受診している歯医者にて、歯並びを指摘される事がきっかけかと思います。

我が家も別件で受診した歯医者にて、今後歯並びが悪くなる事や、矯正の必要がある事を教えて頂きました。

結局指摘された歯医者で矯正をせずに、自分で見つけた小児歯科にて矯正をはじめました。

今回は、子供の歯列矯正を考える時の、歯医者の選び方について、イチ子持ち主婦目線にて語ります。

矯正専門歯科と小児歯科と歯科

子供の歯列矯正をやっている歯医者は大きく分けて2種類にわかれます。

個人的な感触と言うか、自分の子が矯正するにあたって私が調べて感じた内容を下記にまとめてみました。

矯正専門歯科

文字通りの矯正専門の歯科医院。

設備等非常に専門的で、安心して治療を受けられるのがメリット。

しかし、矯正治療しかせず、虫歯などの治療は他の歯科医院を紹介される事が多い。

また、金額が歯科医院による矯正より割高になる。

イメージとしては、小児歯科や普通の歯医者での治療費が50万くらいに対して、矯正専門医院だと、100万くらいかかるイメージです。

色々と調べたところの個人的感触としては、矯正専門歯科医院では、非抜歯の矯正治療に対して否定的な所が多く、ある程度大きくなってから(小学校高学年とか)の抜歯とブラケットによる治療を行っている所が多いような気がします。まったくの主観ですが。

また、日本には日本矯正歯科学会というものがあり、こちらの認定医さんが歯列矯正治療のエキスパートってことになってます。

こちらも一般人主婦の意見としては、色々な利害関係や大人の事情とか色々あると思うのでなんとも言い兼ねますが、日本矯正歯科学会の認定医がいれば良い、という訳ではないとは思います。が、いないより絶対に在籍していた方が良いでしょう。その分費用も割高になりますが。

矯正の治療終了の目標が、Eライン(横顔の鼻の先と顎の先を結んだ線が一直線になること)の確保、完璧な歯並び、目指せ芸能人!という場合は、迷わず矯正専門医です。

小児歯科/歯科

小児歯科をうたっている歯科医院や、一般的な歯医者さんで、矯正治療を受けられる所もたくさんあります。歯医者の収入ってほとんどが保険外治療ですからね。逆に言うとこういう矯正治療やインプラントとかやってないとやってけない場合が多いみたいです。

ちなみに我が家が最終的に選んだのはこのタイプの歯医者さん。

小児歯科専門医などが在籍している、子供を対象とした歯医者=小児歯科です。(ちなみに最近は子供が減ってるので大人もみてくれる小児歯科が増えてます)

矯正治療をやっている場合、安価で、かつ専門知識が少なくてもある程度なんとかなる、非抜歯による治療法を提唱している、金儲け目当ての歯科医院もあり、選択を間違えるとかなりマズいことになる場合も(ネットで探せば山ほど被害例が出てきます)。

非抜歯矯正がすべて悪という訳ではないので、良い歯科医院に出会えば矯正歯科より安価でそこそこ良い治療を受ける事ができます。ちょっとした虫歯ならその場で治してもらえるのも、忙しい母達には大きなメリットになるでしょう。

矯正時期としては早めを提唱しており(非抜歯矯正の特徴)早い子は5歳から矯正できるパターンが多いです。

代表的なのは床矯正、顎顔面矯正治療法(我が家がやってるやつ)。

なんとなく調べていると、床矯正やっていた歯科医院が、顎顔面矯正治療法に流れてきている印象あり。

そんなにひどいケースではない時、矯正の目標地点が、『それなりの歯並び、ガタガタでひどい!と初見で思われないくらい』ならこちらでも良いかもしれません。ただ、歯医者選びは慎重にする必要あり。

子供の歯列矯正、歯医者を選ぶ基準

それぞれの症状や症例、歯列矯正による目標、目的によっても、どちらを選んだら良いか、選んだ結果に対する満足度がかわると思うんですよね。

参考までに我が家のケースとして下記に記してみます。

【矯正治療のきっかけ】

・歯医者受診しレントゲンを撮った際に、このままだと犬歯が埋没して生えてこられない可能性がある、最悪犬歯がその他の歯を圧迫し、健康な歯にも影響が出るかもしれないと言われた。

・犬歯がどうにか出てこられても、顎が小さすぎて、永久歯が生えてくるスペースが確保できていないため、歯並びはガタガタになると言われた。

【矯正治療の最終目標】

そこそこ良い歯並びにする事。芸能界に入る予定は今の所なし。

健康に影響が出るような(犬歯の埋没、将来的な手術の必要の発生)事態は避けたいという事。

【矯正治療にかけられるお金・金額】

100万は無理だった…。

治療費(受診の際にかかるお金)込みで、60万くらいが限界。

現実的な話、専門家の方達は中途半端な治療を受けるくらいなら、専門的な治療を100万かけてという理論ですし、その理屈は100%間違ってないと思う。

けれども、一般人の私にとっては100万円と頭金30万+診察料30万では雲泥の差。現実的に考えて、このへんが限界のラインでした。

まとめ:矯正をする歯医者の選び方探し方

以上を考慮して、「そこそこの歯並び」目指して、小児歯科(矯正治療の症例数多め)にて顎顔面矯正治療をする事にしました。ちなみに日本矯正歯科学会の認定医ではありません。

ケースや症状、目標地点によって、選び方や結果に対する満足度って、本当に変わってくると思うんですよね。

完璧なEラインを想定しながら、普通の歯科医院にて床矯正をした場合、満足いく結果が得られなくて不満が出るかもしれないし、もしかしたら軽い症例だったため、安価な治療でも大満足な結果を得られるかもしれない。

逆に、矯正専門医院の治療で高額なお金を払っても、費用対効果で満足できないかもしれない。

はじめるまえによーーーっく考えて、しっかりと意思を持って、後悔しない歯科医院選びにしたいですね。(ってそんな我が家もまだ治療途中なんですけどね)

そもそも歯医者をさがすのも、よっぽど地元の歯医者事情にくわしくない限り、ネット検索で適当な歯医者をさがすことになるとおもいます。

管理人が使用して便利だったのが、e-矯正歯科.com。

自分が住んでいる地域の矯正を行っている歯科を検索できますし、口コミがある医院も。

取得資格検索もあるので、矯正関連の資格を持っている医師がいる歯科限定で検索することもできます。

初心予約フォームがある歯科は、ネット予約もできますので、電話する手間も省けます。(フォームが無い歯科は電話する必要がありますが)

やみくもにネット検索をするより効率が良いですよ。

矯正歯科をお探しならこちら↓
矯正歯科専門サイト『e-矯正歯科.com』で検索!