子供の歯列矯正、急速拡大装置の仕上げ磨きに一番おすすめのアイテムはこれ!

取り外しできない急速拡大装置を入れている我が子ですが、やっぱり食後には装置にものがはさまります。

歯医者からも口腔内用のピンセットとか、色々掃除用の道具をいただきましたが、一番良かったものは市販でも買える柄のある歯間ブラシでした。

急速拡大装置にものが挟まる

急速拡大装置画像

うちの子供が付けている急速拡大装置は、食事中も外せないタイプのものです。

なので、食事のたびに色々挟まる事が多い。

最初は特に、矯正装置を付けたばかりで、食べるのに慣れていなかったのもあり、食後は必ず装置のねじ付近に色々はさまっておりました。

それを取るのはもーー大変で。食後は常にいろいろ挟まっておりました。

いや、不謹慎ながら母はとても面白かったのですがね。あの狭い隙間から汚れが取れた時は快感です。耳掃除に似てる感覚。

それが1ヶ月後くらいからでしょうか、食後に矯正装置に物が挟まる事が少なくなってきました。

おそらく子供自身も、矯正装置を付けたまま食事をする事に慣れてきたようで、なにやらコツをつかんだのでしょうね。

楽にはなりましたが、ちょっとさみしいかな^^;

掃除用具、一番おすすめなのは柄のある歯間ブラシ

子供の矯正用仕上げ磨きグッズ

歯医者では色々な歯列矯正用の掃除用具を頂きました。

興味深かったのは、口腔用のピンセット。

うどんとか、麺類を食べた後には大活躍しました。が、装置を付けてしばらくすると、上記で記載したように食べる事に慣れてきたのもあり、麺類を装置にからめる用な事は少なくなってきて、次第に出番がなくなっていきました。

それでもはさまる細かい汚れは、柄のある歯間ブラシで取るのが一番取りやすかったです!

柄のある歯間ブラシ 矯正装置の掃除

こいつがあれば正直他に何もいりません。

私は歯医者で購入していますが、普通に薬局とかにも売っているんじゃないかな?

柄があるため、どんなところにも対応出来るし、先は歯間ブラシになっている為、ぐにゃぐにゃ曲がっていろんな隙間にねじこめます。

急速拡大装置のネジ穴も、この歯間ブラシを入れる事で掃除できます。

あそこって、いろいろ挟まっている事多いんですよね。

歯間ブラシと歯ブラシとフロスは、我が家では毎日大活躍しております。

ぐにゃぐにゃと曲がる分、非常に痛みやすく、買い直しが頻繁に必要になるのが玉にきずですがね。そこまで高いものじゃないので必要経費かなぁ。

歯医者では、まだまだまだまだ仕上げ磨きは必要だと言われているので、おそらく最低でも歯列矯正をしている間は、この柄の長い歯間ブラシとともに仕上げ磨きをするんだろうなぁ。

がんばります。